テント倉庫・テント上屋の建設専門
宮城・岩手・福島・山形・秋田・青森・栃木・北海道など東日本全般をカバー


山口産業株式会社 仙台営業所

仙台営業所へのお問合せはこちら電話番号022-346-7541

恒久膜構造建築物

恒久膜構造建築物とは?

主には駅の通路(シェルター)、公園などのステージの上屋、ドーム・スタジアムなどに採用されている膜構造建築物です。
通常のテント膜材よりも耐久性・不燃性・防汚性などに優れ、何十年にもわたって劣化せずに見た目の綺麗さを保つ事ができます。
一番最初に建設された膜構造建築物は建設から40年以上経過しておりますが、今も大きな劣化も見られず、その姿を保っております。

山口産業の強み

一級建築士事務所登録がされており、設計段階から、計画のお手伝いが可能です。
製品も自社工場で加工をするので、設計と施工の伝達ミスのリスクの回避をすることができます。
また、膜材の加工場を持ち合わせているのは国内でも数少なく、設計から施工まで一環して行う体制を持つ事でコストダウンを実現します。
【一般社団法人日本膜構造協会の正会員です。】

山口産業の実績紹介

山口産業の実績